産後の骨盤矯正でキレイと元気を手に入れませんか?

産後ママ

ご出産おめでとうございます♪
当院では、産後のママの骨盤を根本から全身のバランスを整えて、出産・育児による不調を改善させるだけでなく、ヒップやウエストラインなど美容の面からもサポートしています!

このようなお悩みや症状はありませんか?

  •  産後の骨盤の広がりやゆがみが気になる。
  •  妊娠中、または産後からの腰痛、肩こりが辛い。
  •  仰向けで寝ると腰やお尻が痛い、立ち上がりに膝が痛い。
  •  産後なんだか疲れやすくなった。
  •  体重は減ったのに体型が戻らない、産前のパンツがはけなくなった。
  •  尾てい骨、恥骨の痛みがある。
  •  歩くと違和感がある。股関節が痛い。
  •  尿漏れがなかなか治まらない。
  •  産後O脚が進行した、ガニ股になった気がする。

上記のようなお悩みをもつ産後ママさんがたくさんいらっしゃいます。
骨盤が歪む原因はホルモンだけではありません。
長い間お腹の中で赤ちゃんを育て、出産、育児にと、脳・神経・筋肉など産後のおからだはとてもお疲れです。

当院の施術で体の機能をしっかり高めながら骨盤を整え、不調を改善、疲れにくい、痩せやすい体にしていきましょう!

当院の特徴

お悩みの症状に合わせて施術します

当院ではお1人お1人のお悩みに合わせて施術を行います。骨盤矯正をご希望の方でも骨盤だけを施術することはいたしません。なぜなら骨盤の歪みは骨盤だけが原因ではないからです。
そのため骨盤・仙骨が正しい位置へ安定するように、全身のバランス(歪み)を整えると同時に自律神経の働きを高めていきます。そして姿勢、内臓、神経など体の根本からお悩みが改善するように施術します。

やさしくソフトな骨盤矯正です

産後の骨盤矯正といっても方法は様々で、骨をバキバキしたり、矯正用ベッドを使って機械的に施術を行う、骨盤周りの筋肉をほぐして整える、という整体院・接骨院が一般的です。
ですが産後の骨盤はリラキシンというホルモンの影響でとてもデリケートです。繊細な扱いが必要ですし、ほぐしただけで骨盤のバランスを安定させるのも困難です。

当院ではホルモンの働きや妊娠中の姿勢の影響で通常の骨盤と違った状況にある骨盤を、産後特有の骨盤の開きや傾き、股関節の開きなどをとても優しくソフトに調整します。矯正中に気持ちが良くなりウトウトされる方も多いです。

適切な自宅ケアをお教えします

産後、バランスを崩した体は疲労し歪んいることが殆どです。この状態で筋力をつけるための運動をすると余計な負荷がかかり、膝が痛くなる、太ももが太くなる、全身のむくみが増す・・などの原因となってしまいます。
よく体型を戻すために「ベビーカーを押してひらすら歩いています」「赤ちゃんを抱っこしながらスクワットをしています」という産後ママがいらっしゃいますが、残念ながら逆効果となってしまっていることが殆どです。尿漏れ改善に良いと言われる筋トレも根本策ではなく骨盤調整と簡単な動作で改善します。当院では体に負担がなく、短時間で効率的な自宅ケアをお教えしています!

平日赤ちゃん・お子様連れもOKです

赤ちゃん

当院は託児スタッフはおりませんが、完全予約制のプライベート空間ですので、他の患者様に気兼ねなく赤ちゃん、お子様と一緒にご来院いただけます。赤ちゃんは施術中もママの手が届くベビーベッドでお待ちいただきますので、ママも赤ちゃんも安心です。小さなお子様にはDVDのご用意もあります。
ご予約の際にご年齢と合わせてお申し出くださいね。

女性の先生でママもパパも安心

施術者も女性ですので、お身体の調整だけでなく男性に相談しづらい女性特有のお悩みなどもご相談いただけます。
また「主人が女性の先生を探してくれたんです。」、「女先生だから通院を説得しやすかった!毎回快く送り出してくれます。」というお客様が多くいらっしゃいます。



よくいただくご質問

Q.産後の骨盤矯正はいつからはじめるのがいいですか?

自然分娩の方は産後の1ヶ月検診後、特に問題が無ければお受けいただけます。帝王切開の方は2ヶ月後からどうぞ。
特におすすめの開始時期は2~4か月ですが、辛い症状がある場合には早めでもお受けしていますのでご相談くださいね。

Q.通院回数やペースはどのくらいがよいですか?

産後は靭帯がゆるみ、授乳や抱っこにより姿勢を崩しやすいため、初めの6回程度は週1回(遅くとも2週に1回)のペースで来院をお薦めしています。 間が空いてしまう場合には自宅ケアを多めにしていただくなど、それぞれのご事情に合わせて施術計画を立てますので気兼ねなくご相談下さい。
その後症状により2-3週に1回、月に1回と間隔を空けていただきます。殆どのママさんは6回で辛い症状が改善し、その後は定期的なメンテナンスで体調維持をされています。
元気に育児、お仕事復帰や次の出産に向けてしっかりケアしていきましょう!

Q.産後からだいぶ時間が経ってしまいましたが間に合いますか?

産後6か月位までがベストな時期ではありますが、その期間が過ぎても手遅れということはありません。症状などによっては産後よりも多少の時間はかかりますがどうぞ安心してお受けください。
また「出産して数年経つけど、なんか調子が悪い・・骨盤が開いてる気がする・・」「赤ちゃんの頃は時間の余裕がなかったけど、今からでも大丈夫かな・・、」という方でも骨盤は矯正できます。ぜひお気軽にご相談くださいね。

  

LINEでご予約

産後のお身体について

さまざまな不調との関係

産後の骨盤の不調の殆どは歪みや傾きが関係しています。
そしてこの状態がプロポーションを崩すだけでなく、腰痛、膝通、首肩の辛さの原因にもなっているのです。
産後の骨盤が傾いてしまう原因としては、ホルモンの分泌も助長していますが、出産ダメージ、育児、寝不足からなる体の疲労が内臓機能の低下、筋肉の緊張を引き起こして体を縮ませてしまうことにあります。
そして以下のようなことがおこります。

体の重心が崩れる

産後の不調で初めて当院にこられる方の殆どは、猫背、又はそり腰、膝を曲げて立っていることが多いです。 そして真直ぐ立つと体がグラグラする。背もたれがないと座っているのが辛いなど、骨盤が真直ぐでないので、体が上手く乗らず、膝や腰、肩でバランスをとっている状態です。
これらの方は、重心が太もも全面にあるので、太もももが硬かったり、筋肉がついてしまっていたりします。

お尻が大きくなる、四角くなる

産後のママさんの多くが悩まれることの一つに、「産前に履いていたパンツが入らない」「お尻が垂れた」「四角くなった」など、お尻の大きさがあります。そしてこれが骨盤が開いているせいと言われることが多いのですが、パンツが入らなくなるほど開きっぱなしなはずがなく・・お尻が四角くなる理由になりません・・。 殆どの場合、股関節の開き(位置)が変わったために、お尻の大きさ、形が変わってしまうのです。

〈以下作成中〉

ページの先頭へ